こんにちは!
ユクハナ クルハナのあおいです。


最近、化粧品のCMでよく見かけるワード『エイジングケア』

あなたも一度は耳にしたことが、あるのではないでしょうか。

エイジングケアは、女性に欠かせないケアのひとつです。

でもエイジングケアがなんとなく必要なのは分かっても、どんなケアのことを指すのかご存知ですか?

化粧品をはじめ、エステなどお肌のケアの方法は様々ですよね。

ほとんどの女性が毎日するスキンケアですが、ただ同じことを続けるだけではダメなんです。
しっかり自分のお肌を理解したうえでケアをしていくことが大切になります。

お肌は第一印象を左右する重要なところです。
そのお肌がシミやシワだらけでは嫌ですよね。
そこで大切になってくるのが『エイジングケア』なのです。

今回は、エイジングケアについて詳しく知っていただくために


✔エイジングケアとは何を指すのか
✔エイジングケアとアンチエイジングの違い
✔何歳からエイジングケアを始めるのがいいのか
✔お肌が衰えてしまう原因
✔エイジングケアが必要なお肌か簡単診断
✔エイジングケアのポイント



を紹介していきます。

しっかり理解を深め、いまよりさらにキレイにするためのお肌作りをしていきましょう!


エイジングケアとは何?

よく耳にするエイジングケアですが、何のことなのか聞かれると説明に困りますよね。

エイジングケア(Aging Care)とは、和製英語で『年齢に合わせたお肌のお手入れ』のことを指します。

お肌は様々な外的刺激によって変化し、年齢とともに衰えていきます。

エイジングケアとは衰えていくお肌を少しでも元気にし、キレイに見せるために必要なケアのことなんです。
いつまでもキレイでいたい女性にとって、エイジングケアは欠かせないケアですよね。

エイジングケアをするうえで、知っていてほしいのがアンチエイジングとの違いです。

エイジングケアとアンチエイジングの違い

エイジングケアのほかに『アンチエイジング』という言葉を聞いたことはないですか?

アンチ、エイジングはエイジングケアと同じと思われている方も多いと思いますが、実はこの2つの言葉には違いがあるんです。

アンチエイジング(Anti-Aging)とは『老化を防ぎ、年齢にあらがう』という意味を持っています。

つまり

・エイジングケアはお肌の老化を「予防」する役割

・アンチエイジングはお肌の老化を「阻止」するためにお肌に直接的に働きかける役割

ということです。

お肌のケアをするアイテムでは『医薬部外品(厚生労働省が許可した効果・効能のある有効成分が配合されているアイテムのこと)』のみ、アンチエイジングという言葉の使用が許されています。

そのためエイジングケアとアンチエイジングには、『化粧品』か『医薬部外品』かで変わってきます。
※医薬部外品は『薬用』と記載されるアイテムもあります。

化粧品を選ぶときに、意識して選んでいくと良いですよ!


エイジングケアとアンチエイジングの違いが分かったところで、どのようなお肌に何歳からケアが必要なのかわからないですよね。


エイジングケアは何歳からするのがいいの?

エイジングケアを必要としているお肌のサインは、早い方で20代から症状が現れているんです。

お肌が以前と違うと少しでも感じてたらすぐにケアをしていくことが大切になります。

でもどのようなお肌の変化がエイジングケアを必要としているサインなのか、見極めるのは難しいですよね。

そこでどのような症状がでているとエイジングケアを必要としているお肌なのか、簡単にチェックできるようにまとめてみました!
あなたに当てはまる症状がないかチェックしてみてください。

<エイジングケアが必要なサイン>

くすみが気になる
毛穴の開きが気になる
頬のたるみが気になる
目元の小じわが気になる
シミが増えてきた
ほうれい線が目立つ
ケアをしても乾燥している

1つでも当てはまったら、お肌がエイジングケアを必要としています。

エイジングケアは若々しくキレイなお肌を保つために必要なケアです。
だからこそ、早い段階からケアをしていくことが大切になってきます。

チェック項目に該当したあなたは、早速今日からエイジングケアを始めていきましょう!


加齢だけが原因ではない?!お肌の老化はどこからくるの?

ずっとお肌にハリや弾力があってキレイでいれたらお肌のケアを気にしなくてもいいのに……。
なぜお肌はどんどん衰えてしまうのでしょうか。

そこには、お肌の老化を悪化させてしまう原因が7つもあったからなんです。
これらの原因が何年も蓄積され、年齢を重ねた際にお肌のトラブルとして現れてしまうのです。

そのため、蓄積年数が多くなるほどお肌にかかってるダメージが大きくなり、お肌トラブルが増えてしまうのです。

<お肌の老化を悪化させる7つの原因>

■肌老化原因その1:お肌の乾燥


乾燥はシミやくすみ・ニキビなど、ほとんどの肌トラブルの原因です。
これらの肌トラブルは乾燥によってお肌の水分量が減ることで、皮膚を守るバリア機能が低下することが大きく影響してきます。

■肌老化の原因その2:紫外線


紫外線は、お肌を元気にしてくれる細胞に大きなダメージを与えてしまいます。
刺激を受けたお肌は紫外線からお肌を守るために、皮膚を厚くしてしまいシミやくすみの原因になってしまいます。

■肌老化の原因その3:睡眠不足


睡眠不足だと、お肌を整えてくれるために必要なターンオーバーが乱れてしまったり成長ホルモンが減少してしまったりします。
そのためお肌の老化を早めてしまい、たるみやシワの原因になってしまいます。

■肌老化の原因その4:ストレス


ストレスを抱えると、イライラすることからホルモンバランスが乱れやすくなってしまい皮脂の分泌が過剰になります。
また多すぎるとお肌に良くない活性酸素が大量発生したり、免疫機能も低下したりし乾燥や肌荒れの原因となってしまうのです。

■肌老化の原因その5:食生活の乱れ


食事は体に内側から栄養を与えてくれるため、食生活が乱れるとすぐにお肌に現れます。
偏った食事や極端なダイエットは栄養素が偏ってしまうため、お肌の乾燥や老化の原因となってしまいます。

■肌老化の原因その6:お肌の酸化


酸化とはお肌の「サビ」のようなもの。
多すぎると良くない活性酸素の量が紫外線やストレスの影響で増え、強力な酸化力で細胞にダメージを与えてしまいます。

■肌老化の原因その7:お肌の糖化


糖化とは、お肌の「焦げ」のようなもの。
体に余分な糖分と皮膚のタンパク質が結びつくことで、劣化したタンパク質が生成されてしまいお肌のハリが失われたり、くすみ・ターンオーバーを低下させる原因になってしまいます。


この7つの原因は日常生活に関係してくることばかりなので、どんな方にも関係してきます。


『まだお肌トラブルがないし大丈夫!』


と安心しているあなたのお肌にも、ダメージは蓄積されています。

だからこそ1日でも早いお肌のケアが大切になってきます!


エイジングケアをするには何が大切?

エイジングケアを早くしていかないとお肌にとって良くないことはおわかりいただけたと思います。
しかし、ひとくくりに『エイジングケア』といっても方法は様々です。
どのようなことを意識してケアをしたらいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。

そこでエイジングケアをするために大切なポイントを紹介します。
今日からケアをする際の参考にしてくださいね!

エイジングケアのポイント1:バリア機能を高める

美肌を保つために欠かすことができないのが、お肌のバリア機能です。

バリア機能が低下すると、お肌の透明感が失われたりシミが目立ってしまったりなどのお肌トラブルの原因となってしまいます。

バリア機能を高めるためには、『お肌の潤いをキープ』をすることが大切です。

お肌に潤いを与えてくれるのは化粧水です。

お肌に負担をかけずに、しっかりスキンケアをすることが大事になってきます。

⇒スキンケアの正しい方法について詳しく『スキンケアの基本!美肌を保つ正しい肌のお手入れ法とは?』で紹介していますのでぜひご覧ください。

エイジングケアのポイント2:紫外線対策をする

紫外線は肌老化に導いてしまう原因の1つで、シミだけでなくシワやたるみの原因にもなってしまいます。

紫外線に直接当たるのを日頃から意識して防ぐことで、お肌のダメージを減らすことができ肌老化を防ぐことができます。

一年を通して常に紫外線対策をしていくことが、美肌を保つためにとても大切なことなんですよ。

エイジングケアのポイント3:顔のマッサージを行う

顔の血行不良はお肌に必要な栄養素が運ばれにくくなるため、肌老化の原因につながってしまいます。

また血行不良は老廃物も溜め込んでしまい、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなるためマッサージで血行の流れを良くしていくことが大切です。

※こちらの記事で、顔の血行を良くするマッサージ方法を紹介しています。
『【やりすぎ注意!】小顔効果抜群の簡単リンパマッサージとは』
『あなたも小顔の仲間入り!かっさで顔のむくみ・コリ解消法』
ぜひご覧ください♪

エイジングケアのポイント4:バランスの良い食事を心がける

老化の原因でも紹介した糖化の主な原因は食生活からきています。

食材に含まれている栄養素でもお肌はつくられているため、バランスの良い食事は美肌を保つうえで欠かせません。

また1つの栄養素を摂るのではなく、様々な栄養素を主食や主菜・副菜にまんべんなく摂り入れて食べていくことが大切です。

<美肌に嬉しい効果のある栄養素>

ビタミンA:小松菜やホウレン草などの緑黄色野菜やレバーなど

ビタミンC:レモンやイチゴ・パプリカやブロッコリーなど

ビタミンE:アーモンドやナッツ、かぼちゃや玄米など

この3つのビタミンは『若返り3大ビタミン』と呼ばれ、酸化を防ぐ効果やお肌を整える効果・血行促進効果があり美肌を保つサポートをしてくれます。

エイジングケアのポイント5:質の良い睡眠をとる

しっかり睡眠とることは、キレイなお肌のためには欠かせません。
睡眠はお肌を元気にしてくれる細胞が働き、お肌の修復をしてくれます。

年齢を重ねるとお肌の修復力は衰えていきますが、睡眠不足はその修復力をさらに下げてしまいます。

そのため、睡眠不足が続いているとお肌の修復がされにくくなりお肌ダメージはどんどん蓄積され、お肌トラブルとして現れてしまうのです。

⇒睡眠とお肌の関係やオススメの睡眠方法を『肌荒れの原因は寝不足だった!?寝るだけで解消?その方法とは』で紹介してますので、ぜひご覧ください!


エイジングケアのアイテムはここに注目!

エイジングケアをするといっても、世の中にはたくさんの化粧品であふれていますよね。

化粧品を選ぶときに注目してほしい成分があります。
それぞれの特徴を紹介していきますので、スキンケアアイテムを選ぶときの参考にしてみてくださいね♪

■エイジングケアにオススメの成分その1:セラミド


高い水分保持機能が特徴で、お肌に潤いを与えカサカサ肌の修復をサポートしてくれます。
お肌の潤い(保湿)を保つためには欠かせない成分です。

■エイジングケアにオススメの成分その2:コラーゲン


肌表面を保湿し乾燥からお肌を守る働きがあります。
お肌に弾力を与えみずみずしさを保つサポートをしてくれるため、たるみやシワ改善には欠かせない成分です。

■エイジングケアにオススメの成分その3:ヒアルロン酸


ヒアルロン酸には、お肌の弾力や潤いをキープする役割があります。
またコラーゲンのサポートをしつつ水分をキープし、お肌の表面を柔らかく保つ手助けもしてくれます。

■エイジングケアにオススメの成分その4:レチノール


活性酸素を減らしお肌のターンオーバーを促進したり、過剰な皮脂分泌を抑える働きがあります。
そのため、シミやしわ・たるみなどの改善をサポートしてくれます。

■エイジングケアにオススメの成分その5:ビタミンC誘導体


お肌の酸化を防ぐ作用やシミの原因となるメラニンの生成を抑える効果があります。
また、お肌のハリを保つために欠かせないコラーゲンを増やす手助けもしてくれます。


この5つは、エイジングケアをしていくうえで欠かせない成分たちです。
できればスキンケアを選ぶ際に、化粧水やクリームなどに入っていると嬉しい成分ですね。

でもたくさんあるスキンケアアイテムのなかで探すのは大変です。

そこで今回、5つの成分のなかで『ビタミンC誘導体』が配合されているオススメのアイテムを1つ紹介します!

ビタミンC誘導体配合のエイジングケアにオススメのアイテムとは?

ビタミンC誘導体配合のオススメのアイテムは『薬用美白オイル プラシラ』です。

プラシラには『高い保護力』『化粧水の浸透力をあげる』『肌荒れ予防』『美白をサポート』してくれる効果があります。

化粧水やクレンジングと違い、今使っているアイテムはそのまま使いながらブースターとして取り入れることができます。

肌質に合わせて使うタイミングを変えることもできるので、すごく便利で使いやすいですよ♪

オイルなので苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、プラシラは他のオイルと違いベタつきが少なく、オイルが苦手な私でも凄く使いやすかったです!

もしエイジングケアアイテムで迷っていたら、薬用美白オイル プラシラも1つのアイテムとして参考にしてみてください。

⇒成分や詳しい使い方については、『知らなきゃ損!本気の美白ケアをするなら美容オイルに注目すべき4つの秘密』で紹介してますのでぜひご覧くださいね。


エイジングケアであなたのお肌をさらに若々しく

女性はお肌のお悩みと一生付き合っていかなけれないけません。

今の悩みをそのままにしていると、お肌は衰えていく一方なんです!
同級生やお友達と並んでいるときに、自分だけ老けて見られるなんて嫌ですよね。

エイジングケアはあなたのお肌をさらにキレイにしていくためにとても大切ことです。

今よりさらにキレイになり、年齢を重ねても若々しく美しい女性を目指してこれからのケアも頑張っていきましょう!

あなたのキレイのお手伝いができますように……♡