こんにちは!
ユクハナ クルハナのあおいです。


最近、テレビや雑誌での『紫外線からくるお肌ダメージ』特集を多く見かけます。
そのため、歩いていても日傘を持っている女性やアームカバーをしている女性も多いですね!

それもそのはず!紫外線はお肌の老化を早めさせる女性の敵ですから!


紫外線はシミやたるみの原因にもなり、お肌にダメージを与えてしまうので注意しないといけません。

だからこそ紫外線対策を欠かせないこの時代……。
たくさんの紫外線対策グッズが販売されていますよね。
日焼け止め・CCクリームだけでなく、最近では飲む日焼け止めまででているんですよ!


あなたは紫外線対策してますか?


『日焼け止めは塗ってるけど……。』
『アームカバーに帽子で日陰にいるようにしている!』


という方が多いのではないでしょうか?

もちろん外出時の対策はすごく大事です。
しかし、外出時だけの対策ではたくさんの刺激で弱ってきているお肌を元気にすることはできません。
日頃のスキンケアで『美白ケア』を大事にしないといけないのです。

紫外線で受けた肌ダメージをしっかりケアし、『美白対策』をすることでキレイな肌を長く保つことが可能になるんです!


そもそも美白ケアが必要なのは夏だけではない?

夏は、1年のなかで紫外線が最も多く降り注いでいるため、紫外線対策に力いれ、美白に特化したスキンケアに変える方が多いと思います。
日焼けをしたらすぐ肌が黒くなったり、赤くなったりしますもんね。

しかし美しい肌を保つためには夏だけの美白ケアではだめなんです。

紫外線量が強いのは夏ですが、ほかの季節も夏に比べて少なくても紫外線が降り注ぎ、お肌にダメージを与えているんです!

夏ほどお肌に日焼けした症状がでていなくても、お肌が紫外線で受ける影響はすごく多いのです。

そのため日焼け対策・美白ケアは年中しているほうが、お肌にとってすごくいいんです。


でも美白ケアの方法だったり、美白に効果のあるものがどのようなものなのかわからないですよね。

なので今回は美白ケアのオススメアイテムとメリットを紹介していきます。


美白ケアってどのアイテムが効果的にできるの?

あなたは美白ケアをしたほうがいいと言われたら、どんなアイテムを想像しますか?

美白に特化したスキンケアアイテムは、化粧水・クリーム・パックなど数えきれないほどありますよね。
一番よく使われているものでいえば、化粧水を思い浮かべませんか?
女性なら誰もが使っているアイテムなので、取り入れやすいですよね!

しかし、最近では化粧水以外に注目されているアイテムがあります。


それは『オイル』なんです!


数あるスキンケアアイテムのなかで、『オイル』が美白ケアアイテムとして注目されているのか!

保護をするのにオイルを使われることが多いなか、『美白ケア』で使うとなると、


『オイルはお肌を弾きそう……。』
『オイルを使う良さがわからない……。』



と不安や疑問を持たれる方もいると思います。

その疑問を1つずつ解決していきましょう!


美容オイルを使うことで実感できる嬉しい4つのメリット

オイルが苦手な方もいると思いますが、たくさんのメリットがあるんですよ♡
まずはオイルのメリット4つから紹介しますね!


✔ターンオーバーの正常化をサポートしてくれる

お肌には生まれ変わりのサイクルがあり、そのことをターンオーバーといいます。
約28日でお肌が生まれ変わるのが理想ですが、30代のお肌の生まれ変わりは約40日かかるといわれています。

しかしこの日数は、あくまでも平均なんです!!

外的刺激が多かったり、ケアを怠っているとどんどん遅くなってしまいます。
だから、ターンオーバーが理想に近づけられるよう後押ししてくれる役割をしてくれるんです。



✔お肌を柔らかくしスキンケアを浸透しやすくしてくれる

オイルは水分に比べて肌なじみがいいので化粧水と一緒に使うことにより、化粧水の浸透力をあげる手助けをしてくれ保湿効果をあげてくれます。



✔保護力があり水分の蒸発を防いでくれる

オイルの保護力はスキンケアアイテムのなかで特に高いです。
そのため化粧水をつけたあとにオイルで保護をするのに適していて、保湿した後の肌をキープする手助けもしてくれるのです。



✔お肌の炎症を抑え、修復の手助けをしてくれる

オイルは肌なじみが良いので、肌になるべく負担をかけずになじむことができます。
またオイルの成分でも炎症を抑える効果があるものがあるので、成分に注目しながら使ってあげるとよりいいです。



『オイルっていいんだな!』


と感じていただけたでしょうか?
縁の下の力持ち!ではないですが、今使っているスキンケアアイテムの効果をお肌により多く届くように手助けしてくれるのです♪

ですがやっぱり『オイル』と聞くと


『べたつきがあり、脂性肌には向いてなさそう』
『ニキビが悪化しそう』
『水分は与えてくれないから、余計に乾燥しそう』



などマイナスなイメージを持つ方もいるのではないでしょうか?

オイルは油分が多いのでべたつきそう……と思ってしまいますよね。
私もそう思っていた1人でした(笑)

手に取ったときのべたつき感、塗った後のテカリなどを想像すると、使うのに抵抗を持ってしまいますよね。

しかし今、美容オイルは変化しているんです!

お肌の成分に近い成分を配合していることでべたつきがなく、肌なじみがいい美容オイルが増えてきているんですよ♪


私のオイル嫌いを変えたのは『プラシラ』

オイルのメリットはわかってもたくさんあるオイルの中でどれから試してみたらいいのか悩みますよね。
オイルを選ぶときに注目したいのが『保護力』『美白ケア』『浸透力』です。

保護とは?

スキンケアアイテムでいうとクリームの役割です。
『保護』と『保湿』は間違えやすいのですが、アイテムでいうと保湿は化粧水のことを指します。
保護は、化粧水で保湿したものをクリームやオイルで守る(保護)ことなのです。


美白とは?

メラニンの生成を抑え、日焼けなどの外的影響で受けたシミ、そばかすがお肌表面にでてくるのを防ぐことです。
もしくは出てきているシミを薄くする手助けをします。


浸透力とは?

表面にのせるだけでなく、その奥まで届かせる力があるのかということです。
お肌の表面の次には角質層があります。
ほとんどの化粧品は表面でとどまりますが浸透力があるものは角質層(バリア機能を担って水分の保持する役割)まで届くものもあるんです!



この3つの力が大事になってきます。

でも、どのオイルにどんな効果があるのかなんてわからないですよね。
ほとんどのオイルはお肌に近い成分のため、水分に比べ浸透力があります。

なのでやはり注目したいのは『美白ケアができるのか』ですよね。
また脂性肌や敏感肌の方でも使える刺激の少ないものがお肌には好ましいです。


そこでオススメしたいオイルはトコハナロジーの『薬用美白オイル プラシラ』
なんです!

プラシラは刺激が少なく、どの肌質の方にもお使いいただける医薬部外品の薬用オイルなんです♪


✔なぜ刺激が少ないのか
✔なぜどの肌質の方にもいいのか



その秘密は配合されている有効成分にあるんです!

プラシラには有効成分が2つ入っています。
その成分がすごいんです!

1つ目の成分:テトラ2‐ヘキシルデカン酸アスコルビルEX

大きな特徴は油溶性のビタミンC誘導体ということです。
ビタミンC誘導体は美肌・美白ケアのサポートには欠かせない成分です。

よく使用されているのは水溶性のビタミンC誘導体なんですが、『プラシラ』には油溶性が使われています。
水溶性のビタミンC誘導体は、即効性が高く評価されていましたが少しお肌への刺激が強いのと持続性が短いのがデメリットでした。
そのデメリットを補うために油溶性のビタミンC誘導体ができました。

油溶性は油脂に溶け込む性質のため、皮脂でおおわれているお肌になじみやすいためお肌への刺激の少なさ持続性の高さが実現されたのです!

2つ目の成分:グリチルリチン酸ステアリル

強い抗炎症効果ありお肌の改善を手助けしてくれます。
この成分のすごいところは、強い抗炎症効果があるにもかかわらず刺激は少ないため、皮膚への刺激性や毒性はほとんどなく安全性の高い成分といわれています。

そのため敏感肌の方お肌表面テカリがあるがお肌の内側は乾燥している方(インナードライ肌)ニキビ肌の方もおすすめの成分なんです。



この2つの主役となる成分を知っていただければ


『肌に負担なくケアをしてくれるものが配合されているんだ!』


と感じてもらえると思います。

そして、いい成分をしっかり肌に浸透させるためには、オイルを使うタイミングも重要になるんです!


もし美容オイルを普段のスキンケアに取り入れるとならどこで使う?

オイルを取り入れるタイミングをそれぞれのお肌状態に合わせて紹介しますので、参考にしてみてください!
今回は薬用美白オイル『プラシラ』を使ってスキンケア方法をお伝えします。

普通肌のあなたへ

普通肌の方は比較的、水分と皮脂のバランスが取れている状態です。
大きなトラブルはほとんどないでしょう。

そのため『お肌に水分をしっかり与え現状維持』が大事なポイント!
簡単そうに感じますが意外と大変……。

そんなあなたにおすすめのタイミングは『美容液・乳液の後』
化粧水で十分に保湿をし美容液や乳液で新陳代謝を促した後、最後にクリームの代わりに”保護”として使ってあげるのが◎

流れ:化粧水→美容液・乳液→プラシラ

乾燥肌のあなたへ

乾燥肌の方はお肌に水分が減っており、敏感肌になりかねないデリケートな状態です。
乾燥がひどくなると少しの刺激でお肌トラブルが起こりやすいです。

そこで大事になってくるのが『たくさんの保湿としっかりとした保護』です。
まず『保湿(化粧水をいれる)しっかりする』ことが大切です。
その際にプラシラを一緒に合わせてあげることで肌への負担を軽減しながらお肌を柔らかくしてくれます。

流れ:化粧水+プラシラ→化粧水のみ→美容液・乳液→プラシラ

脂性肌のあなたへ

お肌の皮脂が多く皮脂分泌がうまくできていない状態です。
お化粧をしてもよれやすかったり、テカりやすかったりします。

そこで大事になってくるのが『皮脂のバランスをととのえること』です。
ここで皮脂が多いからと化粧水だけしか塗布しない方がいますが、それはさらなる悪化の原因になりかねません。
脂性肌も根本は乾燥からきているのです。
『化粧水でお肌を整えた後』、プラシラでお肌を柔らかくし再度化粧水を入れると◎!

流れ:化粧水→プラシラ→化粧水→美容液・乳液→(目元やほうれい線など乾燥しやすいところにクリーム)

混合肌のあなたへ

Tゾーン(オデコや鼻)はテカリやすくUゾーン(頬やあご)は乾燥しやすい状態です。
箇所でのお肌トラブルが違うためケアの仕方を間違えやすいです。

混合肌の方のケアのポイントは『肌に合わせてケアの仕方をかえること』です。
テカリやすいところに乾燥しやすいところと同じケアをしてもさらに悪くしてしまう可能性があります。
『脂性肌ケアと乾燥肌ケアを合わせてあげる』と効果的!


Uゾーン:化粧水+プラシラ→化粧水のみ→美容液・乳液→プラシラ

Tゾーン:化粧水→プラシラ→化粧水→美容液・乳液→(目元やほうれい線など乾燥しやすいところにクリームやプラシラ)



混合肌の方は少し工程が多いように見えめんどくさく感じますよね(笑)
でも違うのは最初と最後だけなんです!
そこさえ押さえればあとは簡単にできるので安心してください♪


オイルは最高のスキンケアアイテム




『脂性肌の私にはオイルは向いていない』
『ニキビがある私は、はオイルは使わないほうがいい』



と思っていた方も多かったと思います。

しかし、メリットや良さを知ると


『なんかよさそうかも!』


と思いませんか?

私も実際にオイル使ってみると、べたつきはなくさらっとしていて驚きました!
しかも、以前よりお肌がもちもちして、化粧崩れもしなくなったんです!!
ニキビもできていません。

私は乾燥肌なのでオイルと化粧水を一緒にしてケアをしてますが、モチモチの理由はオイルがお肌を柔らかくして化粧水の浸透をよくしてくれているんですよね♪

オイルは、お肌の乾燥を防いで化粧水の浸透力UPしてくれるだけでも嬉しいのにそれに加え、美白ケアの手助けをしてくれるのは女性にとって強い味方ですよね!


年齢を重ねると免疫力が弱くなり、紫外線などの外的刺激にダメージを受けやすくなります。
だからこそ早い段階から、しっかりケアを続けていくことが大切なのです!
また早く対策をすることで、季節の変化に負けないキレイなお肌になること間違いなしですよ!

お肌が変化してくると鏡で自分の肌を見るのが楽しくなります♡


美容オイルの良さは伝わりましたか?
私自身オイルが苦手でしたが、使ってみるとお肌の調子が良くなるのが実感できました。
もっと早くから使えばよかったと後悔してます(笑)

お肌が変わると友人にお肌がきれいと褒められたり、同じ年齢の方より若く見られたりとあなたに嬉しいことがたくさん待っていますよ♪
あなたの更なるキレイが見つかりますように……♡

もっと詳しく商品について知りたい方はトコハナロジー公式オンラインストア