こんにちは!
ユクハナ クルハナのあおいです。


あなたは写真を撮った際や鏡を見たときなどに、がっかりしたことはないですか?


『友人や家族に比べて自分の肌がくすんでいる……。』
『目元の小じわが以前に比べて目立つようにになってきた……。』
『自分の顔がたるんでほうれい線が目立つような……。』



など感じたことがある方も多いと思います。

実は、これらの原因のほとんどは『乾燥』からきているんです!

冬場は気温が下がりお肌が乾燥しやすい季節のため、乾燥対策をされている方も多いと思います。

しかし、乾燥は冬だけでなく一年を通して気をつけなければいけない肌トラブルなんです。

あなたは乾燥肌にならないように、どのようなことを心がけていますか?

もしかしたら今している乾燥対策が、乾燥をさらに悪化させる原因になっているかもしれません。

そこで今回は、


✔キレイなお肌の条件
✔乾燥肌になる原因
✔乾燥肌対策の方法
✔クリームよりもさらに保護力の高いオススメアイテム
✔体の乾燥肌対策のポイント



を紹介していきます。

乾燥はお肌を老化させるだけでなく、どのお肌トラブルの原因にもなってくる怖い状態なんです。

そのため、一日も早い対策が大切になります。

今日からあなたも対策して、美肌をキープしていきましょう!


美肌をキープするための条件とは?

乾燥肌について紹介する前に、まずはキレイなお肌の条件を紹介していきます。

★キレイなお肌の条件★

・潤いがある
・お肌が滑らかである
・ハリがある
・弾力がある
・血行が良い
・つやがある
・キメがある



7つの条件が揃っているキレイなお肌であれば、お肌を守ってくれるバリア機能が正常に働き、水分の蒸発を防いでくれ外的刺激からお肌を守ってくれます。

しかし乾燥しているお肌は7つの条件の全てが不足し、バリア機能が低下してしまい、水分の蒸発を防ぐことができなくなってしまうんです。

そしてどんどんお肌が弱まってしまいます。

キレイな肌を保つためには、お肌に水分と適度な皮脂が必要です。

しかし乾燥しているお肌は、必要な水分と皮脂が足りない状態なっているんです。

乾燥しているお肌と正常でキレイなお肌の状態をイラストにしてみました。

乾燥肌をそのままにしていると、お肌はどんどんダメージを蓄積していきます。


『私はまだ大丈夫!』


と思っている方でも実はもう乾燥肌だった……。
という可能性もあるんです。

乾燥した時に感じる症状をまとめてみましたので、自分のお肌が乾燥していないか確認してみてください。

<乾燥していると感じる症状>

カサつきやすい
肌がざらざらしている
洗顔後にツッパリ感を感じる
部分によって、お肌が粉吹いているときがある
かゆみを感じる(虫刺され以外に)
肌トラブルが起こりやすい(特に季節の変わり目)
化粧ノリが悪い
服の素材がチクチクする



当てはまる症状はありましたか?
これらの症状を一つでも感じていたあなたは、お肌が乾燥している可能性があります。

すぐに対策をしていくことが大切です。

しかし、乾燥しないように普段からケアに気を使われている方もいらっしゃいますよね。

それなのになぜ乾燥するのか。

そこには、乾燥肌になりやすくなる原因が日常生活にあるからなんです。

乾燥肌の原因はどこにあるの?

乾燥肌に導いてしまう原因は7つあります。

<乾燥肌の原因>

✔紫外線によるダメージ
✔体内の水分不足
✔冷暖房による空気の乾燥
✔加齢
✔偏った食事
✔睡眠不足
✔間違ったスキンケア

身近に起こりやすい原因ばかりですよね。

これらの原因に気づかずそのままにしていると、お肌の乾燥は悪化していく一方なんです。
だからこそ『乾燥肌かもしれない』と思った時に対策をしていくことが、キレイな肌を保つために重要になってきます。


では乾燥肌を防ぐためにどのような対策をしたらよいのでしょうか。

乾燥に負けないお肌をつくっていくための対策法を紹介しますね。


乾燥肌対策!今のお肌を乾燥に強いお肌に

乾燥肌にならないために意識していくことは5つあります。
今日から実践できることはすぐに行動して、乾燥肌対策をしていきましょう!

乾燥肌対策1つめ:食生活の見直し

食事のバランスは乾燥肌にさせない肌作りをするのにとても大切です。

食生活の見直しで意識して摂ってほしい栄養素は『ビタミンA』『ビタミンB群』『ビタミンC』『ビタミンE』『タンパク質』です。

それぞれの栄養素が含まれている食材と、お肌への働きを紹介していきます。

◯ビタミンA・・レバー、うなぎ、卵、ほうれん草など

ビタミンAには『お肌の生まれ変わりを活性化』『皮膚の潤いキープをサポート』の働きがあります。
そのため、お肌を元気にしてくれる細胞をつくるサポートとお肌の保護力をあげてくれ、乾燥肌になるのを防ぐ手助けをしてくれます。


◯ビタミンB群・・豚肉、納豆、牛乳、魚類、大豆製品など
※ビタミンBの中でも、B2とB6をとると良い

ビタミンBには『お肌を元気にしてくれる細胞の再生』『皮膚の成長を助ける』『ホルモンバランスを整える』働きがあります。
この栄養素が減ってしまうと乾燥だけでなく、ニキビやシミなど肌荒れが起こりやすくなってしまうため積極的に取り入れてほしい成分です。


◯ビタミンC・・レモン、イチゴなどのフルーツや野菜

ビタミンCには『老化の原因となる活性酸素の除去』『コラーゲン生成を助ける』働きがあります。
コラーゲンの生成を助けることで、ターンオーバーを整えて健康的なお肌に導くサポートをしてくれます。


◯ビタミンE・・ごま、アーモンド、大豆、アボカドなど

ビタミンEには『血行促進』『バリア機能の強化』の働きがあります。
血行が促進されることによって、新陳代謝が上がりお肌が活性化されます。

お肌が活性化するとお肌のカサつきが軽減され、ハリや弾力がでてくる効果があります。

またバリア機能が高まることで、外的刺激からお肌を守ってくれるんです。


◯タンパク質・・肉類、魚類、卵など

タンパク質はビタミンの働きをサポートしてくれるためタンパク質をしっかりとることで、それぞれの成分の働きをあげてくれます。

またタンパク質は『コラーゲンのもと』となるため、不足するとお肌の弾力が減少しハリやツヤがなくなってしまいます。



5つの栄養素を意識して食事をしてみてくださいね。

乾燥肌対策2つめ:質の良い睡眠をとる

睡眠は乾燥肌を防ぎ、美肌を保つために欠かせないことです。

質の良い睡眠をとるのに重要なのは『就寝後最初の3時間、深い眠りにつけていること』です。
成長ホルモンは就寝してから3時間が活発に活動します。

そのため、その3時間がいかにしっかり寝れているかはとても重要です。

質の良い睡眠をとるために心がけてほしいことが3つあります。

・就寝前1時間以内の食事は控える
・お風呂からでてすぐ(体温が高い状態)に寝ない
・就寝中はなるべく暗くして寝る

この3つを意識することで睡眠の質を上がり、乾燥肌対策をサポートしてくれます。

乾燥肌対策3つめ:部屋を乾燥させないようにする

空気が乾燥していると、乾燥肌の原因になってしまいます。

そのため、空気が乾燥しやすい部屋(エアコンが効いている部屋)には加湿器を置き、空気が乾燥しづらいようにしていきましょう。

乾燥肌対策4つめ:紫外線を防ぐ

紫外線はお肌にダメージを与えるため、シミだけでなく乾燥肌にも影響してしまいます。

夏は紫外線対策に力を入れますが、冬場は忘れがちですよね。
しかし、紫外線は乾燥するのを防ぎキレイなお肌を保つために一年を通して注意しなければいけないことなんです。

そのため、日焼け止めを塗ることや日傘や帽子で直接日差しを浴びることを防ぐなど、普段から意識して乾燥肌対策していくことが大切です。

乾燥肌対策5つめ:スキンケアの見直し

乾燥肌には水分をしっかり与えて保護をすることが重要になってきます。
またスキンケアをする際に、いかにお肌に負担をかけずにお手入れするかがポイントです。

・クレンジング・・負担の少ないクレンジング(クリームタイプなど)で素早く落とす。

・洗顔・・しっかり泡立てて撫でるように優しく洗う。

・化粧水・・優しくたっぷり与える。

・美容液・・乾燥しやすい目元やほうれい線から優しく塗る

・クリーム・・美容液と同じように優しく塗る。
乳液は保護力が低いため、乳液の後にしっかりクリームなどで保護することが大切です。

※詳しいスキンケアの方法やクレンジング・洗顔の選ぶポイントを『スキンケアの基本!美肌を保つ正しい肌のお手入れ法とは?』で紹介してますので、ぜひご覧ください!


スキンケアは気を使っている方も多いのではないでしょうか。

クリームまでしっかり塗っているけど乾燥する……。

そんなあなたにオススメのアイテムがあるんです!


クリームより保護力アップ?!美容オイルの秘密とは?

30代を超えるとお肌のバリア機能は減少すると言われています。
そのため乳液ではなく、保護力の高いクリームを使うことがオススメです。

しかし最近では、クリームより保護力の高く注目されているアイテムがあります。

それは『美容オイル』なんです!


美容オイルは『べたつきそう』『オイリータイプの私には……。』と思われがちですが、
実はどの肌質の方にもオススメしたいアイテムなんです!

30歳を過ぎるとバリア機能の低下だけでなく皮脂の分泌量も低下してしまいます。
つまり、常にお肌がダメージを受けやすいノーガードの状態なんです。

そこに美容オイルを使っていくことで、お肌の蒸発を防ぎ、足りない皮脂を補ってくれるんです!

しかし美容オイルといっても種類がたくさんあるため、どのオイルを選んだら良いか悩む方もいると思います。


そこで私がオススメなのが、美容オイル PRACILA(プラシラ)です。

プラシラは保護力をあげてくれるだけでなく、化粧水の浸透力をアップさせる手助けもしてくれるんです。

乾燥しているお肌は敏感になっているため、化粧水がお肌になじみにくくなっていることもあります。

化粧水をたっぷり与えたいのになじみが悪いと困りますよね。

プラシラは油溶性の成分(油脂に溶け込む性質のもの)を使用しているため、皮脂でおおわれているお肌になじく化粧水を一緒に使うことで浸透力をあげてくれます。

また、プラシラには『ビタミンC誘導体』も配合されているため、美白(※)のサポートもしてくれる最高のアイテムなんです♪
※美白とは…メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

乾燥肌対策だけでなく、シミ予防もされたいあなたはぜひ使ってみてください!

※プラシラを実際に使った方の感想や肌なじみの良さを『本音で語る!口コミから見たPRACILA(プラシラ)の評価とは!?』で紹介してますのでぜひご覧ください!


体の乾燥肌対策にも気を抜かない人がキレイを保つ

顔のケアをしっかりして乾燥肌対策をしても体がカサカサでは、せっかくのお肌のキレイさが半減してしまいます。

そのため、体の乾燥対策も顔のケアと同じくらい大切です。

体の乾燥にはボディクリームがよく使われますが、特に乾燥がひどいパーツは美容オイルのプラシラを塗ってあげるのもいいんですよ♪

★ボデイケアケアのポイント★

・体に使用するタオルは、吸収性が高く柔らかいものがオススメ。

・ボデイケアをするのは、入浴後のお肌が濡れている状態がお肌になじみやすく良い。

・乾燥がひどいときは、オイルやクリームでケアをした後にラップで包んで保湿力を高める。

・ひじやかかとなど乾燥がひどくなりやすいところは、寝る前に再度オイルやクリームを塗ってあげるとより効果的。

体のケアをするときも顔のケアと同じように、化粧水を塗布してクリームやオイルを塗るとお肌のもっちり感がアップしますよ。


乾燥肌を防ぐことは美肌への最大の近道

乾燥肌はニキビやたるみなど、どのお肌トラブルの原因にもなるものです。

逆に乾燥肌対策がしっかりできれば、肌トラブルが起こりにくいお肌をつくることができるんです。

お肌の改善は、気づいた時にすぐ対策をして行動に移すことが大切です。

食生活の見直しや睡眠などを試してみてくださいね。

また、今のケアで満足されてない方や物足りないなと感じている方は、ぜひプラシラもスキンケアアイテムのひとつとしてご検討ください♪

乾燥肌を防ぎ、暑さや寒さに負けないお肌作りをしていきましょう!


あなたのキレイのお手伝いができますように……♡